2018/02/03

建築雑記












































「窓のない家を作ってほしい。」


これがクライアントの一貫した望みだった。

始めは、天窓さえも許してもらえなかった。


竣工後しばらく経って訪問したとき

クライアントが僕に言った。



「これほど心が開放された経験はしたことがなかった。」



僕自身、多少の不安はあったが、

この未経験の空間は予想を遥かに超えて居心地が良かった。




改めて人は社会性の動物なのだと知った。

建築家としてとても貴重なことを教えられた仕事だった。




"We want you to make a house to have no window."
This was a strong desire of the client.
At first, they did not allow even skylights.
When I visit after a while after completion
The client said to me.
"We have never experienced such an open mind."
I myself had some anxiety,
This unexperienced space exceeded expectations and was comfortable.
I once again learned that people are social animals.
It was the work to which a very valuable thing could be told to me as an architect.



0 件のコメント:

コメントを投稿