2017/12/08

美しい建築を作るために最も大切なこと



それは「偶有性」。

あらかじめ予測可能なものが「必然性」。

予測不可能なものが「偶然性」。

この「必然性」と「偶然性」の中間を「偶有性」という。

ある程度は予想がつくが最終的には何が起きるかわからないこと

書や墨絵、陶芸など日本の芸術はそれを最大限に生かしたものが多い。


「偶然」は過去形で語られ、「偶有」は未来形で語られる。

建築家は未来を作る。

「偶然」では機能しない。

「必然」だけでは創造的でない。

「偶有性」は建築家の最大の武器。

しかし、確信のある人しかその武器を持つことが出来ない。






The most important thing to make beautiful architecture


It is an ”contingency”.

What is predictable in advance is "inevitability".

What is unpredictable is "accidentality".

The middle between "inevitability" and "accidentality" is called "contingency".

To some extent we can predict but ultimately we do not know what will happen.

Calligraphy ink paintings, pottery and other Japanese arts make the most of it.


"Accidentality" is spoken in the past tense, "contingency" is spoken in the future form.

Architects work to make the future.

It does not work in "accidentality".

"Inevitability" alone is not creative.

"Contingency" is the greatest weapon of the architect.

But only person with confidence can have that weapon.







0 件のコメント:

コメントを投稿