2017/11/17

人事を尽くして天命を待つ




僕にとって建築の答えは機能だ。それを用意した後で可能な限り答えのないものを作ろうとする。それは予定調和ではないもの。ひとつは自然の素材。それを使う時は色や柄をデザインするのではなく、その存在丸ごとを受け入れる。機能さえ損なわなければすべて暖かく受け入れる。

もうひとつは偶有性を積極的に利用する。機能を損なわないようぎりぎりまで人事をつくすが、後は偶然に起こることを受け入れる。職人に対しても働きやすい環境を整えることに尽力するが、彼らの感情まではコントロールできない。

これらに一貫した思いは、人事を尽くして天命を待つことだ。この天命こそが答えのない建築を生み出す大切な要素だ。この感性も日本人特有のものだと思う。

今、この天命がなかなか受け入れられない。不安が増大する社会にコントロールできないものは最も敬遠されるからだ。しかし、人間の豊かさのほとんどはこのコントロールできない世界、いわゆる自然の中なら生まれている。建築家に限らず何かを創造している人は、このことに果敢に挑戦しない限り同じ道を周回するだけに終わってしまうだろう。





Do your best and leave the rest to Providence

To dare to say the answer to my architecture, it is a function. After preparing it, I will try to make something as unlikely as possible. It is not preestablished. One is a natural material. When you use it, you should accept the entire existence, not designing colors or patterns. Everything warmly should accept unless it does not damage the function.

The other is to actively use the contingency.I do everything I can to the very least so as not to compromise the function, but later accept what happens by chance.I am committed to creating a workable environment for craftsmen, but I can not control their emotions.

Consistent thoughts in these are to do your best and leave the rest to Providence. This providence is an important element that creates unquestionable architecture. I think this sensitivity is unique to the Japanese.

Now, this providence is hard to accept. Because things that can not be controlled in a society where anxiety increases are mostly avoided. However, most of human richness is born in this uncontrollable world, namely in nature. Those who are creating not only architects but also something will end up just going around the same path unless they challenge them boldly.

0 件のコメント:

コメントを投稿