2017/11/13

ジャコメッティを観て思ったこと。






ボクは設計している時、空間にジャコメッティの彫刻を置いてみる癖がある。

もちろん空想であくまでもイメージだけれど。

彼の彫刻が好きなのかどうか自分でもよくわからないが、

ボクが試そうとしているのは、

彼の彫刻が醸し出す空気感にボクの建築は耐えられるだろうかということ。

彼の彫刻の魅力は、見た目のグロテスクな印象と醸し出す空気感のギャップでは無いだろうか。

孤高で静謐な印象の中に慈愛に満ちた空気感がこの上ない魅力だ。



今回の展覧会でひとつ発見したことがある。

彼の彫刻の空気感を味わうには

相応の空間のボリョームや距離感が必要であるということ。


美術館のような空間で至近に並べて人工の照明で照らされたものを観ても

彼の彫刻の本当の魅力は、ほとんど感じることが出来なかった。

少なくともボクがイメージする空間に置いてある彼の彫刻はいつも単体だった。


空気感を大切にする彼の彫刻は、建築と親和性が高いと改めて感じた。



I have a habit of putting Giacometti sculptures in that space when designing architecture.

Of course it is the image world to the last.

Though I do not really know whether I like his sculpture,

I am going to try it,

I wonder if my architecture can endure the atmosphere of his sculpture.

The charm of his sculpture, with a grotesque impression of appearance and

Is not it a gap in the atmosphere that is created?

The loving charm is a charming atmosphere in a solitary and tranquil impression.



I have found something in this exhibition.

How to taste the atmosphere of his sculpture

It means that you need the volume and distance of the corresponding space.


Even if you see things illuminated with artificial lighting in close proximity in a space like an art museum

I could hardly feel the real charm of his sculpture.

At least his sculpture in the space I imagined is always a single body.


His sculpture that cherishes the atmosphere felt once again that it has high affinity with architecture.


0 件のコメント:

コメントを投稿