2017/11/17

人事を尽くして天命を待つ




僕にとって建築の答えは機能だ。それを用意した後で可能な限り答えのないものを作ろうとする。それは予定調和ではないもの。ひとつは自然の素材。それを使う時は色や柄をデザインするのではなく、その存在丸ごとを受け入れる。機能さえ損なわなければすべて暖かく受け入れる。

もうひとつは偶有性を積極的に利用する。機能を損なわないようぎりぎりまで人事をつくすが、後は偶然に起こることを受け入れる。職人に対しても働きやすい環境を整えることに尽力するが、彼らの感情まではコントロールできない。

これらに一貫した思いは、人事を尽くして天命を待つことだ。この天命こそが答えのない建築を生み出す大切な要素だ。この感性も日本人特有のものだと思う。

今、この天命がなかなか受け入れられない。不安が増大する社会にコントロールできないものは最も敬遠されるからだ。しかし、人間の豊かさのほとんどはこのコントロールできない世界、いわゆる自然の中なら生まれている。建築家に限らず何かを創造している人は、このことに果敢に挑戦しない限り同じ道を周回するだけに終わってしまうだろう。





Do your best and leave the rest to Providence

To dare to say the answer to my architecture, it is a function. After preparing it, I will try to make something as unlikely as possible. It is not preestablished. One is a natural material. When you use it, you should accept the entire existence, not designing colors or patterns. Everything warmly should accept unless it does not damage the function.

The other is to actively use the contingency.I do everything I can to the very least so as not to compromise the function, but later accept what happens by chance.I am committed to creating a workable environment for craftsmen, but I can not control their emotions.

Consistent thoughts in these are to do your best and leave the rest to Providence. This providence is an important element that creates unquestionable architecture. I think this sensitivity is unique to the Japanese.

Now, this providence is hard to accept. Because things that can not be controlled in a society where anxiety increases are mostly avoided. However, most of human richness is born in this uncontrollable world, namely in nature. Those who are creating not only architects but also something will end up just going around the same path unless they challenge them boldly.

答えを出す仕事



僕らは幼い頃から同じ答えを迅速で正確に出すことを求められてきた。しかし、AIの出現でその価値も後数年でほとんど無くなってしまうだろう。ある一定の決まりに従って予定調和の答えを出していく仕事はAIが独占してしまう時期もそう遠くはないだろう。

今、多くの建築家の仕事もほぼこれに近い。与えられた課題(要望と予算)に対して問題(コンセプト)を提起し現場で答えを出す。答えには予定された正解がある。だから分かりやすいし容易に期待に応えられる。これが建築家の主な仕事だとしたら、近い将来建築家はほとんど必要なくなるだろう。

答えを出すことに留まっている建築は誰にでもすぐに分かる。それは建築がクライアントにとってはただの道具になり、他者にとっては単なる情報に成り下がってしまった瞬間だ。そこには建築に対する愛や敬畏や憧憬は感じられない。おそらく多くの建築家はそのことに気づいている。しかし、その方が仕事になりやすいから気づかない振りをしている人もいる。また、そこから抜け出す手段が掴めずにいる人もいる。

僕はそういう建築を見ると建築家自身が建築を情報としてしか捉えていないからだと思う。素材を選ぶ時も表面的な色や柄に関心を寄せるが、ひとつの個体としての存在に鈍感だ。これは日本人特有の感性なのかもしれないが、ものをどうしても面的に捉える傾向があるようだ。それは絵画の世界では個性として武器になるが、建築という立体ではその感性をそのまま持ち込むにはかなり無理がある。ものとしての存在感やリアリティーは無視してはダメだ。自然の素材を色や柄としてデザインしてはダメだ。僕らだって外見だけで判断されたら嫌じゃないか。自然の前では浅はかな企みはすぐに正体を明かされてしまう。




The work to get an answer.

We have been asked to issue the same answer promptly and accurately from a young age. However, with the advent of AI its value will almost disappear in the next few years.The time that AI will monopolize the work that is going to answer a predetermined harmony according to a certain rule will not be so far.

Now, the work of many architects is almost like this. Practice problems (concepts) according to given tasks (requests and budgets) and give answers at the work site. The answer has a planned correct answer. So easy to understand and easy to meet expectations. If this is the architect's main work, architects will almost not be needed in the near future. Probably many architects are aware of that. However, some people pretend not to notice because that person is more likely to work. There are also people who can not get the way out of there.

Everyone can easily understand the architecture that only gives answers. It is the moment that architecture has become a tool for clients, and for others it simply has become information. There is no feeling of love, honor and admiration for architecture there.

I think that it is because the architect himself sees architecture as information only when looking at such a architecture. They are interested in superficial colors and patterns when choosing materials, but they are insensitive to existence as one individual. Although this may be the sensibility unique to the Japanese, it seems that there is a tendency to catch things by two dimensions absolutely. It is acceptable as individuality in the world of painting, but it is quite impossible to bring that sensibility in the architecture as it is. It is not good to ignore the presence and reality as things. It is not good to design natural materials as color or pattern. Even us would not want to be judged only by appearance. A shallow plot in front of nature quickly reveals identity.










2017/11/16

「感じる」ことを大切にしてきた。



最近、時々会話の中に「分かる〜」という言葉を耳にする。これは「いいね」と根っこは同じだ。例えば「感じる〜」って会話の中で言ったらどうだろう。言われた方はかなり気持ち悪いと思う。それは「感じる」ことがとてもプライベートなことで共有も共感も出来ないことをみんな知っているからだ。

資本主義社会では、それらはマジョリティーになりにくいからほとんど役に立たない。当然、僕らが受けてきた教育も「分かる」ことを評価されてきた。究極、行き着く先がマークシート。答えを選ぶだけで、そこに行き着くまでの感情や情緒などは全く無視だ。

今、僕らは「感じる」ことにとても不器用だ。感動はコンサートやアミューズメントパーク、行列のできるラーメン屋だけじゃない。家の中でも毎日小さな感動は生み出せる。その仕掛けを作るのが僕ら建築家の仕事だ。しかし、建築家自身がその作り方を知らない。コンペに強い「いいね」の教育しか受けていないからだ。ついつい表面的なことに捕われて「いいね」をもらいたがる。

僕らの主戦場は、スマホやパソコンの画面じゃない。ましてや模型や、プレゼや雑誌でもない。住宅という原寸大の生活の器だ。実物で「感じる〜」ものを作ろうよ。それを生み出す方法をもっと真剣に考えようよ。「分かる〜」って簡単に言われたらつまんないよ。それはハウスメーカーの仕事であって、建築家の仕事じゃない。

実物を見てがっかりした経験はないか。僕はそういう建築を見るとその建築家は嘘つきだと思う。僕も普段は嘘つきだけれど建築だけは嘘をつかないできた。




I have been cherishing "feeling".


Recently, I often hear the word "understand ~" in the conversation. This roots is the same as "Like". For example, what if you say "feel" in a conversation?  I think the person who is said are quite ill. It is because everyone knows that 'feeling' is so private that it can not share or sympathize.

They are almost useless because they are difficult to become majority in a capitalist society. Naturally, the education we received has also been evaluated as "understanding".

Now we are very clumsy to 'feel'. The impression is not only concerts, amusement parks, ramen shops available for queues. Every day in the house we can produce small emotions. It is our architect 's work to make that device. However, architect oneself does not know how to make. This is because they receive only education of "like" resisting competition. I am seized with a just just superficial thing and want to get "like".

Our main battleground is not the screen of a smartphone or a personal computer. It is not even a model, presentation or magazine. It is the housing of the full size house. Let's make things "feel" in real life. Let's think about how to make it more seriously. It's boring if you say "understand" easily. That is the work of the house maker, not the work of the architect.

Experience of disappointment by seeing the real architecture? I think that architect is a liar when I look at such a building. I am usually a liar, but I never lied to architecture.


2017/11/13

自由について





自由は孤独で苦しい道です。自由を諦めた瞬間、この社会で生きていこうとすれば、何かに依存し隷属せざるをえなくなります。しかし、完璧な安全や安心はこの世には存在し無いことは誰もが知っています。

どんな選択をしても人は自の人生に責任を持たなければなりません。今までどのような生き方をしてきたか、今どのような人生を生きているか、今からどのように生きていくかで人生は作られていきます。この世は慈悲深く残酷です。私は30年前独立したとき、そんな生き方を選びました。

自由とは覚悟だと思います。自分に起こったことは何事も受け入れるということです。自由な社会はすべてが結果として現れます。必ずしも理想通りには行きません。いや、むしろ理想通りにはかないことばかりです。しかし、今この瞬間に私が出来ることは新しい自分を発見していくことです。そこにしか希望は無いと信じています。

ジャコメッティを観て思ったこと。






ボクは設計している時、空間にジャコメッティの彫刻を置いてみる癖がある。

もちろん空想であくまでもイメージだけれど。

彼の彫刻が好きなのかどうか自分でもよくわからないが、

ボクが試そうとしているのは、

彼の彫刻が醸し出す空気感にボクの建築は耐えられるだろうかということ。

彼の彫刻の魅力は、見た目のグロテスクな印象と醸し出す空気感のギャップでは無いだろうか。

孤高で静謐な印象の中に慈愛に満ちた空気感がこの上ない魅力だ。



今回の展覧会でひとつ発見したことがある。

彼の彫刻の空気感を味わうには

相応の空間のボリョームや距離感が必要であるということ。


美術館のような空間で至近に並べて人工の照明で照らされたものを観ても

彼の彫刻の本当の魅力は、ほとんど感じることが出来なかった。

少なくともボクがイメージする空間に置いてある彼の彫刻はいつも単体だった。


空気感を大切にする彼の彫刻は、建築と親和性が高いと改めて感じた。



I have a habit of putting Giacometti sculptures in that space when designing architecture.

Of course it is the image world to the last.

Though I do not really know whether I like his sculpture,

I am going to try it,

I wonder if my architecture can endure the atmosphere of his sculpture.

The charm of his sculpture, with a grotesque impression of appearance and

Is not it a gap in the atmosphere that is created?

The loving charm is a charming atmosphere in a solitary and tranquil impression.



I have found something in this exhibition.

How to taste the atmosphere of his sculpture

It means that you need the volume and distance of the corresponding space.


Even if you see things illuminated with artificial lighting in close proximity in a space like an art museum

I could hardly feel the real charm of his sculpture.

At least his sculpture in the space I imagined is always a single body.


His sculpture that cherishes the atmosphere felt once again that it has high affinity with architecture.