2017/08/16

「素材を利用しようとする企みは、」  ふたつの展覧会を観て





梅雨の晴れ間




























林の方へ































「深い眠り」























昨日は帰省中の次女と家内の3人でメナード美術館で開催中の田淵俊夫さんの展覧会と

碧南市藤井達吉現代美術館の「リアルのゆくえ」に行って来た。

以前から実物を見てみたいと思っていた犬塚勉さんの作品が2点あった。

また磯江さんの作品に再会できたこともとてもうれしい時間だった。




人は意識無意識に限らず、目の前の現実に対して瞬間瞬間を選択しながら生きている。

写実絵画は、画家のそれを分かりやすく目の前に見せてくれているので面白い。

現実を可能な限り写し取るということは、自分の思いや欲望を足さないということ。

それによって目の前の現実がよりいっそうリアリティーを持ってキャンバスの上に立ち上がってくる。





建築も素材と向き合う時、同じことが謂える。

素材を利用しようとする企みは、直ちに素材のリアリティーを失わせる。

そこに建築の矛盾がある。

だから面白い。



素材を鮮度で考えてはだめだ。




素材を鮮度で考えてはだめだ。

すべて熟成していくもので作られるべきだ。

その後に機能を考える。











Do not think about the material in freshness.

All should be made with the material to mature.

Then think about the function.

2017/08/10

コーヒーを飲みながら建築を思う



以前は事務所でもコーヒーを淹れて飲んでいたが、

最近は娘が結婚式の二次会で手に入れたネスカフェのバリスタで飲んでいる。

始め予備知識のないボクは、何か特別なコーヒーを淹れられるものだと思っていたが、

結局は、組み合わせで多少のバリエーションがあるものの

インスタントコーヒーには変わりはなかった。


このことで今更ながらコーヒーを淹れて飲むことの価値を再発見し、

それはそのまま建築にもリンクすることだと思った。


コーヒーを淹れて飲むことの価値は、あえて謂うならば

「安らぎの時間」だろうか。

ただこれだけではすべてを伝えられないもどかしが残る。

インスタントコーヒーには絶対に出せない淹れたてのコーヒーの時間。

言葉では伝えられない感覚。

それほど個性的で個別的な感覚だ。



大切なことは、

シンプルであること。

愛情を惜しまないこと。

そして、寛容なこと。



これはそのまま建築にも言える。

また、建築家の価値はそこにこそある。

























2017/08/03

建築の雰囲気は



「建築の雰囲気や空気感はにじみ出てくるものである。決して恣意的に作り出せるものではない。だからそれに関わる全ての人の心を大切にしなければならない。」
                                         
                                             宇野友明







The atmosphere of the architecture oozes out. It can never be produced arbitrarily. So we must cherish the hearts of everyone involved in it.


                                                                                                      T. Uno