2017/07/21

”自分らしさ”は幻想


以前から瞑想をする習慣がある。
最近は「マインドフルネス」と言うらしい。
それについて僕なりに考えてみる。

自分らしさとか生きる意味や価値は元々存在しない。
それらは社会から与えられたもので、幻想や思い込みにすぎない。

瞑想とはそういった幻想や思い込みから自分を解放する行為のこと。
何も考えない練習のこと。
考えがいろんなところに飛ぶが、その都度何も考えないところに戻ってくる。
実はその何も考えない自分が本来の自分である。

それに気づくこと。

それを知ること。

それを認めること。

それを大切にすること。

そして、そういう自分の存在を実生活の中で少しずつ大きくしていくこと。



人は自分に執着する。

瞑想とは執着する自分自身が元々存在しないことを自覚する行為。

これは禅の教えの神髄でもある。



可能であるならば、社会的な価値や評価を全く気にしないで仕事をしたい。
そんな僕に瞑想は勇気を与えてくれる。





I have a habit of meditating from before.
Recently it seems to be called "mindfulness".
I will think about it.

There is no meaning or value to live, such as yourself.
They are given by society and are only illusions and beliefs.

Meditation is the act of releasing myself from such illusions and beliefs.
The practice not thinking about anything.
We fly thought to various places, but they come back to places we do not think about every time.Actually I do not think about that I am my own self.

To notice it.

To know it.

To admit it.

To cherish it.

And, to gradually increase such existence in real life.



People stick to themselves.

Meditation is the act of consciously realizing that myself that is obsessed does not originally exist.

This is also the essence of Zen teachings.



If I can do it, I do not want to work with consciousness of social value and evaluation.
A meditation gives courage to such me.